K-POPアイドル最悪スキャンダル「バーニング・サン事件」が闇深すぎる・・・性接待、性的暴行、盗撮、レイプドラッグ・・・

K-POPアイドル最悪スキャンダル「バーニング・サン事件」が闇深すぎる・・・性接待、性的暴行、盗撮、レイプドラッグ・・・
「レア度」★★★★★

K-POPアイドル最悪スキャンダル「バーニング・サン事件」について文春が記事にしています。性接待、性的暴行、盗撮、レイプドラッグ・・・すべての性犯罪を詰めこんだような事件ですね。。。

【炎上】日韓合同アイドル『IZ*ONE』 オーディション番組で投票不正操作 プロデューサー性接待 大炎上wwwww


引用元 文春オンライン⇒「ダラダラとヨダレを垂らしていた女優は…」少女時代メンバーが名指しされたK-POP業界“最悪スキャンダル”の中身

《「1つだけ聞いてみよう。あの日ドラッグに酩酊してダラダラとヨダレを垂らしていた女優は誰だったのか? その誰かのせいで、ヨクサム交番の警官XXXとXXXがクラブに立ち入ることもできなかった。あの日の超VIPだった君は、全てを見たんじゃないか? ヒョヨン。あの日ドラッグに酔っていた女優が、HなのかGなのか》

 1月13日、こんなハングルのコメントがインスタグラムに投稿された。

「そろそろ吐け。後がないぞ」
 コメントの主は、韓国芸能界を揺るがし続けている「クラブ・バーニングサン事件」を最初に告発したキム・サンギョ氏(30)。K-POPのMVの美術監督などを務めている人物だ。

彼が文中で呼びかけているヒョヨン(31)は、日本でも一世を風靡したK-POP女性グループ少女時代のメンバー。投稿には「DJ少女時代ヒョヨン」のキャプションとともに、バーニングサンと思われるクラブのDJブースに立つ彼女の写真が添えられていた。

コメントはさらにこう続く。「君たちは、あの日クラブでラリって私を暴行したのが、V.Iの友だちのジャンキーだと知らないのか。もうそろそろ吐け。後がないぞ」。

中心人物の「BIGBANG」元メンバーは……
 暴行、レイプドラッグ、性接待、盗撮、わいせつ物流布、性的暴行、横領、脱税、違法賭博、そして警察との癒着――。

 ソウルの華やかな新興エリア・江南で人気を博したクラブ・バーニングサンを火種に、こうした数々の疑惑が噴出し始めたのは2018年12月のことだ。とりわけ大勢の著名な男性K-POPアイドルらが関わっていたことで、韓国では「芸能界最悪のスキャンダル」(朝鮮日報2019年3月12日)と騒がれた。

 その中心人物とされたのが、バーニングサンの取締役を務めていたV.Iことイ・スンヒョン(30)。K-POP最高の人気を謳歌した男性グループBIGBANGの元メンバーだ。

スキャンダルの発端は、2018年11月24日。同日にバーニングサン店内で乱暴される女性を助けようとして暴行されたキム氏は、警察から暴行犯に仕立て上げられたとの主張をネットで始めた。やがて防犯カメラの映像でキム氏の訴えが裏づけられ、ネット世論はトップスターが経営するクラブと警察の癒着疑惑で盛り上がる。

明るみに出た「盗撮動画」の共有事件
 各メディアは同年12月から、事件と疑惑について報道を開始。またキム氏の新たな告発で、バーニングサンを舞台にしたレイプドラッグの被害にも注目が集まった。

 そして翌2019年2月、かねてから取材を進めていたSBSテレビがV.Iと江南のクラブを巡る性接待疑惑をスクープ。また3月にはV.Iを始め複数の人気男性K-POPアイドル、俳優、モデル、財閥の息子らが、SNSのグループチャットで女性を違法に撮影した盗撮動画を共有していたことも明るみに出た。

V.Iはその発覚と同じ日に、芸能界引退を発表。2日後に所属事務所YGエンターテインメントから契約解除を通告され、「元メンバー」となった。

性的暴行で実刑判決を受けたアイドルも

同月にはソロ歌手のチョン・ジュニョン(31)、FTISLANDのチェ・ジョンフン(30)、Highlightのヨン・ジュンヒョン(31)も、盗撮やわいせつ物流布などに絡んで芸能界を引退。また同じくCNBLUEのイ・ジョンヒョン(30)がグループを脱退したほか、歌手のロイ・キム(27)とエディ・キム(30)も同様の容疑で送検された。このうちチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは集団での性的暴行などで起訴され、2020年9月にそれぞれ懲役5年、同2年6カ月の実刑が確定している。

 V.Iは2020年3月から兵役に就いていることから、同年9月から軍事裁判所で審理を受けている。これまでの容疑は、売春とその斡旋、盗撮動画の流布=性暴力処罰法違反、横領など8つ。今年1月14日の7次公判では、新たに「特殊暴行教唆」で追加起訴された。

当初疑われた「ヨダレを垂らしていた女優」
 キム氏が冒頭のインスタグラムで示唆した女優の薬物使用は、実は当初から俎上に上っていた。

 発端は、2019年5月4日のSBS報道番組に登場したバーニングサン関係者のコメント。キム氏に対する暴行があった日にバーニングサンで同クラブに協賛していた化粧品ブランド関係者の会食があり、そこに参加した某女優が薬物で酩酊したように充血した目でヨダレを垂らしていたというのだ。

 ネットでは該当する化粧品ブランドのモデル女優数人がすぐに名指しされたが、当人たちは「バーニングサンに行ったこともない」と否定。さらに噂を流したネットユーザ33人が、名誉毀損で告訴される事態に発展した。

ヒョヨンが反論「女優は見ていない」
 キム氏に名指しされた少女時代のヒョヨンが、その日バーニングサンにいたのは確からしい。

 同じ日に同クラブで撮影したと思われるV.Iとのツーショット写真を、ヒョヨン自身がインスタグラムで公開していた。この写真は後に削除されたが、同時に投稿したDJプレイ中の動画はまだ残っている。

このところクラブDJとして売り出し中の彼女は、仕事の一環でバーニングサンに招かれていたようだ。

 所属事務所のSMエンターテインメントは「ヒョヨンは出演交渉を経て公演を行っただけで、(キム氏の)その書き込みとは全く関係がない」と発表。ヒョヨン自身もキム氏の投稿の翌日、インスタグラムに次のようなコメントをアップした。

「私は一所懸命、自分の仕事をしました」

「公演を祝いに来た友人、スタッフと一杯やって、気持ちよく焼肉で酔い覚ましまでしてから帰宅しました」

「よだれを垂らす女優、男優、ネコ、イヌは見たことも聞いたこともありません。そしてネットでだけ強気なみなさん、がまんするのは今日までですよ。今回は本当にものすごく怒りますから」

ただしヒョヨンは、このコメントをほどなく削除している。

「陰謀論」に傾倒……キム氏を疑問視する声も
 未曾有のスキャンダルを告発したキム氏だが、最近になってその言動を疑問視する声もある。

 上述の通りキム氏はヒョヨンの実名を持ち出して、バーニングサンで薬物を使用していたという女優について証言するよう促した。だがイニシャルで仄めかしながらヒョヨンを巻き込むくらいなら、キム氏自身が女優の実名を証言したほうが早かったのではないかとも囁かれる。

また1月13日にキム氏が投稿したインスタグラムのコメントは、次のように締めくくられていた。

「大統領官邸で訓練を受けた情報通信技術を、君たちに使っている。バーニングサン、韓国版ピザゲート事件を見逃すわけにいかない」

「ピザゲート事件」とは、米大統領選を巡って流布されている荒唐無稽な陰謀論だ。キム氏はまた2020年4月に保守野党が惨敗した韓国の総選挙についても、インスタグラムで不正選挙だと主張した。だがこれも、当の保守野党指導部が「根拠なし」と結論づけた空想にすぎない。こうしたネットの陰謀論を真に受ける姿勢は、その発言の信頼性を貶めている。

 キム氏は1月14日、刺激的な陰謀論を説く人気の保守系ユーチューブチャンネルに出演。ヒョヨンの反論に対して「DJだけをしに行ったのだろうが、その後に状況を全て見たのではないか」「それなのに見ていないふりをして生きていくこと自体が過ちだと思う」と、推測に基づく批判を繰り広げた。またその翌日にはインスタグラムに24時間限定公開のストーリーズを投稿し、「国民に謝罪しろ、ヒョヨン」と挑発している。

 一方のヒョヨンは1月18日、自撮り写真に「#幸せでいよう 苦しまないで」とのコメントを添えて投稿。同月28日にはテレビのトーク番組に出演したが、キム氏に関する発言はなかったようだ。

 3年目を迎えてなお疑惑があふれ続ける「最悪のスキャンダル」は、まだ終わりを見せる気配がない。

Posted by aki